ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

安楽死

アニマルプラネットで海外の獣医さんの番組を見ていたら、生存の望みの無い動物に対して、安楽死を勧める場面があります。

日本ではどうなのか分かりませんが、番組を見る限り海外では、安楽死を選択するケースが少なくはないようですね。

医師は飼い主に「これ以上苦しめないよう」と言います。

言っていることは良く分かります。

正直、この問題は何が正しいというものは無く、僕が医師や飼い主の立場だったら何を選択するか分かりません。

ただ、、、

ライオンに襲われたヌーが、内臓を垂れ流した状態で、どう考えても間もなく死を迎えるのに、ただ生きようとしているのを見ると、、

人間を除く動物は、ただ「今を生きる」ために生きているように思います。

良い悪いを付ける気はありません。

ただ、、

安楽死という選択も「これ以上苦しめないように」という言葉も、動物の為にあるのではなく、人間の為にあるように感じています。

サポート

ダイエットなり、健康管理なり、

 

そのこと自体は大変良いことだと思うのですが、、、

 

身体をコントロールしようとすると、次第に心が苦しくなってくるようです。

 

 

少し考え方を変えて、、、

 

身体をサポートしてあげようと思うならば、、、

 

身体をコントロールしようと思っていた時と、目的も目標も変わるかもしれませんが、、

 

心も穏やかになると感じています。

 

 

 

友達

「手のひらを太陽に」っていい歌だと思う。。

ただ、、、

「ミミズだって オケラだって
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ」

と言われてみても、、

僕がオケラなら、「だって」みたいな言い方する人に友達と思って欲しくないし、、

こちらも友達とは思わないだろう。。。

«幸福