ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大岡裁き | トップページ | バシャール先生 »

でん、でん、でんぐり返って

今は、放映しているのかは知らないですが、、、

僕が小学生ぐらいの時、、、土曜の夜7時から放映される「まんが日本昔話」を見るのが大好きでした。。

土曜の晩という、子供にとっては一番スウィートな時間帯に放映される、

ホッコリとしていて、毒にも薬にもならないようなお話は、、、、

学業から逃避したい、僕の心を癒してくれました。。。。

この「まんが日本昔話」、、、

30分番組の中で、2本のお話を紹介しているのですが、、

1本目のお話は、いかにも漫画チックな画質で、話の結末も、ほのぼのとしているものが多いのですが、、、

2本目のお話は、、、

影絵などを使った暗い雰囲気の画像で、、

挿絵に語りが入る、「紙芝居」形式が多く、、、

お話の結末も、、、

「太郎は、帰ってくるはずもない、母を待ち、海の中で泣き続けました。。。

三日間、その場で泣き続けた太郎は岩となり、、、それが岩手県の○○海岸の○○岩の由来であります」

みたいな感じて、、、

小林亜星作曲のエンディングテーマ「にんげんっていいな」を聞いても復活できないぐらいに、

僕のサタデーナイトな、ホッコリ気分をぶち壊してくれました(笑)

このやうに、上げては下げるみたいな感じって独特ですね。。。

こんな形態は、「にほん昔話」だけかなって思っていたのですが、、、

もう1つありました。。。

それは、、、、

「となりのトトロ」と「火垂たるの墓」の同時上映です。。。

待合室で「トトロ」→「火垂たる」の順番で観た人達を観察していると、、、

「トトロ」を観て、夢見心地でホッコリと笑顔で出てくる親子達が、、、

トトロとは真逆で、、戦争の悲惨さを描いた「火垂るの墓」を観て、

泣き叫んだり、途中で映画館を退出する様子は、、、、、

さながら、阿鼻叫喚の地獄絵図でした。。。

宮崎駿先生や製作サイドに、このような二本立てにすることに何某の意図があったかはしりませんが、、、、

このような形式って、、日本独特かもしれません。。。

アメリカで、、、

「ディズニーアニメ」と「トワイライトゾーン」の二本立って、ありえませんもんね(笑)

もしかすると、、、、

こうした形態が許される日本という国は、、、、

良く言えば、、

「人生万事塞翁が馬」

悪く言えば、、、、

「楽しいことだけで終わったりしないんだよ!」

という観念があるのかもしれません。。。。

« 大岡裁き | トップページ | バシャール先生 »

ふと思う・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でん、でん、でんぐり返って:

« 大岡裁き | トップページ | バシャール先生 »