ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

目覚め

今から、かなり昔の話。。

小学生の頃、僕は黄桜のカッパの女性(カッパの奥さん)が出てくるCMを見ていると何とも言えない気分になりました。

たぶん性の目覚めというものだったのでしょう。。。

しかしながら、カッパが性の目覚めとは、、、

情けないというか、、変わっているというか、、やはり子供ですね。。

ひさかたぶりに、そのカッパを見てみようと黄桜のカッパの画像を探していたら

Img_13_m

普通にセクシーですね。。。

ここに乗せるのも憚られるくらいに。。。

ギャートルズのカアチャンでは目覚めなくて、ここで目覚めたのも納得です。

東京ドーム

よく大きさの喩として「東京ドーム何個分の広さ」という表現が使われます。

 

これは、、「ある有名人の家の敷地は、東京ドームと同じ広さがある」という表現なら、何となく広さが分かるのですが、、、

 

「フロリダのある農園は、東京ドーム200個分あります」みたいに、東京ドーム何個分という表現をされても、大きさが皆目分かりません。。

いったい何故、このような表現をするのでしょうか?

僕的には、「2km×2kmの正方形と同じ広さです」といった表現のほうが大きさをつかめるのですが。。。

他の人は、どう感じるかは分かりませんが。。。。

プロアクティブ

テレビで久しぶりにプロアクティブのCMを見ました。

 

相変わらず、本物の愛用者なのか、愛用者役の役者さんか分からない人が、体験談を語っていました。

 

今回見ていて少し気になったのですが、、

 

「お父さんが私のために買ってくれました!」

 

とか

 

「娘に買ってあげました!」

 

みたいな、親御さんに訴える、集中砲火のてんこ盛りでした。

 

それは効果的な戦略だとは思うのですが、、

 

あまりにも、「優しいお父さんなら買ってあげるのが当然」という押しに感じられて、少し鼻につきました。

ただ、売れると思いますね。。。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »