ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年1月 | トップページ | 2019年8月 »

イメージ

僕は、症状や人によって、施術でイメージを使うこともあります。

例えば、、、

「息を吸うたびに、光を吸い込んで、息を吐くたびに余分な力を吐き出してもらう」

とか

「頭の上に金色のボールが乗っている」などです。。

 

このようなイメージ、、人によっては難しく感じるみたいです。。

まぁ、現実ではありえない事ですし。

そのような人の場合。。

例えば、「全身が金色に輝いている人の役を演じてください」と言うと、意外に出来たりします。

演じるというクッションが入ると、、

何某のブロックが外れることもあるようです。。。

さじ加減

喫茶店で、雑誌「LEON」を手に取りました。

ちょい不良(ワル)オヤジの発信源の雑誌であります。

僕は、大阪の繁華街の側に住んでいるのですが、未だに雑誌に載るようなカッコいい「ちょい不良オヤジ」は見たことはありません。

見るとしたら、、、完全に不良そうな人か、、ちょっと汚れた不良そうなひとです。。。

ふと思い出しました。。

遥か昔、和菓子屋さんで働いていた時、、大きな釜で炊いた白アンに色粉で着色するとき、、

信じられないぐらい少量の色粉を綿密な計算をして投入していました。。。

少しの量の間違いで色が濃すぎたり、逆に薄かったり綺麗な色が出なかったりします。。

ちょい不良とは、、

少し不良を付け加えればよいというものではなく、、、

微妙なさじ加減が必要なようです、。。。。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年8月 »