ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ナンクルナイサ

学生時代の友人にジュン君という人がいた。。。

ジュン君は、沖縄から来た子だった。。

ジュン君は、、、

部屋でスカトロ物のビデオを見つけられ、、それ以来、、、

「ジュンスカトロウォーカーズ」とか「ジュンスカ」と呼ばれていた。。。。

という話はさておき、、、、、

ある日、ジュン君を含めたクラブの連中と居酒屋で、どんちゃん騒ぎをしていたら、

ジュン君が、、、

「おまえら~~、酒は静かに飲むものだぞ」と言いました。。。

僕は、、

「なぁ、ジュン。。沖縄では、みんな黙って酒を飲むのかい?」と聞きました。。

するとジュン君は、、、

「当たり前だ。。沖縄では友達と飲みに行ったら、朝まで黙って飲むに決まってるぞ」と言いました。。。

僕は、、、

今世では沖縄に行くことはないだろうと確信しました。。。。

パッション

少し前に放映された、、、水木しげるさんの半生を題材にしたドラマが好評だったみたいですね。

水木しげるさんといえば、、、

僕ら世代が、子供だった頃に好んだ、、、、「怪獣」「戦隊もの」「妖怪」の妖怪部門の大御所でした。

彼の代表作である「ゲゲゲの鬼太郎」は、、、当時に人気があった「妖怪人間ベム」「ドロロンえんま君」と並んで子供の夢をかきたてる作品でした。。。

もちろん僕も、水木しげるさんの作品は大好きで、水木先生の書籍を多く持ってました。

そんな水木作品にどっぷり漬かっていた小学生低学年だった頃です。。。

たぶん浜松に住んでいた時だと思うのですが、、、、

水木先生の「妖怪大百科」(うろ覚えです)を読んでいると、、、

都道府県別の妖怪分布図なんかが書いてありました。

僕は、、「どの県にどんな妖怪がすんでいるのかな?」とワクワクしながら見ていたのですが、、、

僕が住んでいた県に、凄く恐ろしい妖怪(名前は忘れました)が在住しているのを発見すると、、、

ワクワクは、あっという間に恐怖に変わり、、、、

一目散に、母の元に飛んでいきました。。。

「母さん!、ここにいてはいけないよ。ここには凄く恐ろしい妖怪が住んでいるんだ!

人を迷わしたり、殺して食べたりするんだよ!!」

当然の如く母は、まったく相手にしてくれません。。。

僕は、「このままでは、母は信用してくれない。しっかりした証拠を持っていかねば」と、、

当時の僕にとって、教科書であり、真実でもあって、科学であった

水木先生の書籍を母のところに持っていき、、、、

「ほら、見てよ!しっかりと書いてあるじゃないか!ここは危険だよ!早いとこ引っ越そうよ!

ほら、沖縄に引っ越そうよ!沖縄にいる妖怪のキジムナーは、悪いことをしないみたいだし。。。。。」

と母に泣きつきました。。。。

まぁ、事の顛末は皆さんがご想像の通りです(笑)

成功哲学書に、必ずと言っていいほど、、、、

「情熱は人を動かす」ということが書いてあります。。。

ですが、、、、

これは、必ずと言っていいほど、本当なことではないようです。。。

久しぶりに、you tubeで安藤裕子さんを聞いていたら、、あいかわらず良い曲を多く出していますね。「問うてる」もアップしたかったのですが、アップ禁止だったのは少し残念です。

安藤裕子 「歩く」

手に入れるもの

けっこう昔、、、

当時にお付き合いしていた彼女との記念日に、

彼女を僕のお気に入りの公園?原っぱ?に連れて行きました。。。

僕は彼女に、、、

「僕の大切なこの場所を○○ちゃんにプレゼントするよ♪今日からここは○○ちゃんのお庭だよ」とのたまいました。。。

彼女は、、、

普段、彼女は超現実的で減らず口な人だっだのですが、、、

その時は何故か本当に嬉しそうに「ありがとう。。。」と言ってくれました。。。

僕は、、、

ちょっと意外なリアクションに驚きつつ思いました。。。

この公園。。。本当に手に入れようとしたら億単位のお金がかかるし、、、

まぁ、一生働いても手に入れることが出来ないだろう。。。

それに、、、

たとえ手に入れても維持費やなんやらで手がかかるし、、、

この風景を楽しむ余裕なんてなくなってしまうだろうなぁ。。。

なんて思ってしまいました。。。

人って、、、

現実的に手に入れようとする苦しくなることもあるのかもしれません。。。

ただその存在を愛でていたらば幸せなのですが、、、、

自分だけのものにしたいと強く執着をした時点で苦しみが生まれることもあるようです。。。

これは物だけじゃなくて、、、

人に対しても当てはまるかも知れませんね。。。

三宅君

大学のクラブがオフの時、、、

高校のクラブの練習に遊びに行ったら、、、

コーチの一人から、、

「おい、堀。。新入部員の○○は才能があるからシッカリと育ててやってくれ」と頼まれました。。。

○○君のプレーを見てみると、、、

「なるほど、、、センスのあるプレーヤーだ。。。シッカリ育てよう」と僕は思いました。。。

で、、

僕が何をしたかというと、、

技術的なことは基礎的なことしか言わず、、、

競技の楽しみ方と、、、

彼のプレーを褒めることしかしませんでした。。。

なぜなら、、、

性格的に、、

褒められて伸びるメリットと、、、

褒められて天狗になるデメリットを考えたら、、、

メリットのほうが価値あると思ったからです。。。

それに、、、

たとえ天狗になっても、、

頭打ちするのは高いレベルでプレーした時でいいからと思ったからです。。。

そして重要なこと、、、

センスの無い人間はセンスのある人間を、、

ある部分までしか教えることが出来ないという事実もあったからです(笑)

僕がにゃ~~んにもしなかったお陰で、、、

彼は素晴らしいプレーヤーになりました。。。(笑)

バセドー病③、、遊び

結局、即入院となりそのまま3ヶ月半の入院生活に突入したのですが、、、

入院しても地元の友人が夜中の1時、2時にお見舞いに来て(笑)そのまま朝まで遊びに行っていたから、、、

今から考えると入院しないほうが体には良かったんじゃないかと思います。(笑)

、、、、

そんなかんなで3ヵ月後、いつまでも退院が決まらないので僕は主治医さんに言いました。

「あのぉ、いつになったら退院できるのでしょうか?」

主治医さんは言いました。

「では、、、退院か、しばらく外泊か、入院を続けるか選んでください」と言いました。

まさかこんな三択が出されるとは思ってもみませんでした(笑)

「病気や治療って意外とアバウトなんだなぁ」と初めて感じたのがこの時でした(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問い合わせは

090-8447-6892

の電話番号か

info@kikouseitai.info

のメールからお願い致します♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

沖縄

学生時代はことあるごとに部活の仲間とお酒を飲んでいた。

バリバリの体育会系の飲み会だから当然の如く乱痴気騒ぎである。

皆がバカ騒ぎしている中で、、、沖縄コザ出身の中曽根君はいつも寡黙に信じられないくらい大量のお酒を飲んでいた。

僕は、「ねぇ、ジュン(中曽根くん)はいつも黙っているけど楽しくないの?」

彼は、、、、

「おまえら騒いでないでもっとしっかり酒を飲めよ」と言った。。。

僕は笑いながら「沖縄の飲み会は黙って飲むの?」と聞いた。

彼は、、、

「酒は黙って飲むものだろ。沖縄の仲間達とは静かに朝まで飲んでいるよ」と言った。

、、、

、、、

彼の言っていることが本当かどうかは分からない。

だが数年前に知り合った沖縄の男性も同じようなことを言っていたので少なくとも

沖縄では「黙って朝まで飲む」傾向があるのかもしれない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問い合わせは

090-8447-6892

の電話番号か

info@kikouseitai.info

のメールからお願い致します♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キジムナー

子供の頃、

水木しげる著の「妖怪大百科」を読んでいたら、、、、

自分が住んでいる地域に、とてつもなく恐ろしい妖怪が住んでいるのが判明しました。

僕は恐ろしくなって母に、、、、

「ここには恐ろしい妖怪が住んでいるから引っ越そうよ。。沖縄の妖怪のキジムナーは怖くないから沖縄に引っ越そうよ」と母に言い、、、

イエスと言ってくれない母に反抗してプチハンストをしたことがありました(笑)

母がどう思っていたかは分かりませんが、、、

こんなクソガキを育てた母は立派だと思います。

サンボア

西宮北口に「サンボア」というカレーショップがありました。

中学、高校時代には本当にお世話になってました。

昭和45年から変わらず250円という低価格と、、、

好き嫌いがはっきり分かれる特徴のある味わいから、、、

授業の5限目になると、、「あぁ、サンボア食べたい」と授業も上の空でした。

あまりに中毒性になる味なので、、、、

「サンボアって麻薬か、なにか入っているんちゃうん」と仲間内で話していたんですが、、、、

まぁ、まともに考えていたら250円のカレーにわざわざ麻薬を入れるコストをかけないですよね(笑)

ごめんね、、、おっちゃん。おばちゃん。

Yo Bro

お~、有紀・・・

元気でやってるかえ?

まぁ、お前のことだから色々あるとは思うが元気だろうね。

もう何年も会ってないね。

オマエと知り合ってもう22年。

感慨深いよ、、、、、

オマエは毎年、西宮に帰ってるみたいだけど都合が付かずに会えないね。

お互い無理に時間を作ってあうといった関係でもないからいいんだけど、、、、、

たまにオマエのことを思い出すよ。

今は昔のように無茶はしてないかい?

一度、警察に補導されたとき、、、

オマエは逆ギレしていたね。

俺は、、

頼むから止めてくれと祈っていたよ(笑)

まぁ、

根は真面目かもしんないから、今は立派になっているかもしれないね。

身体に描いた絵は増えているのかな?

オマエはしきにり俺にも勧めたけど、、、

、、

俺は遠慮しておくよ。

、、

、、

俺は、、、、

、、

、、

皮膚が弱いからね(笑)

俺のほうは元気だよ。

強くもなくなったけど、、、

弱くもなくなった(笑)

いい感じだよ。

30超えたら、オマエみたいな深い友人は出来ないかと思っていたけど、、

運良くまた出来たよ。

年は俺より5こ上だけどいい付き合いをさせてもらっているよ。

信じられるかい?

俺は5こ上の友人にため口を交えて喋っているんだ。

昔の俺なら信じられないだろ?

上の人に対する態度には異常にこだわってたもんね。

また機会があれば会いたいね。

何年も会ってなくても、、、

会えばすぐに打ち解ける。

まったく不思議な関係だよ。

あっ、それから・・・

俺は携帯を紛失したからオマエの電話番号もメールも分からないんだ。

もし、ブログを見ていたら連絡ちょうだいね。

まぁ、見ていなくても縁があれば必ず会えるはずだから。

それじゃぁ、またいつか。

080707_22020001_2

080707_22180001

どうしたものか

前にも書いたとおり、僕の家は阪神淡路大震災で全壊したのですが、、、

http://3345.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_28cb.html

http://3345.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_9cdd.html

、、、流石に、震災から数日経つと日常に戻ってきました。

+++

ぼんやりと壊れた我が家を見ていたら、、、

僕の心に、、、

「あること」をしなければならないという使命感がムクムクと湧き出てきました。

「あること」とは、、、

そうです!瓦礫の中から僕の秘蔵のコレクションを探し出し、、密に処分をしなければならないのです(笑)

だって、、、見つかったら恥ずかしいでしょ(笑)

+++

気合を入れて何時間もかけて探し出しました。

コレクションはイカリスーパーの大袋に一杯になりました。

回収したブツをゴミ捨て場に持っていくと、、、

やっぱり考えることは、みんな一緒ですね(笑)

ゴミ捨て場には、、、、

秘蔵の本やビデオが山ほど捨ててありました(笑)

+++ +++ +++

+++ +++

約1時間後、、、、、、

僕は、、、

3つになったイカリスーパーの袋を抱えて瓦礫の我が家にたたずみながら、、、

心の中でつぶやきました。

「さて、どうしたもんか」

より以前の記事一覧