ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

米国の霊、日本の霊

ディスカバリーチャンネルなどで、海外の実際にあった心霊体験を再現ドラマ化したものを見ていると、日本と米国の違いを感じます。

 

日本では、滝や崖などの自殺スポット、廃ビル事故現場、地縛霊、浮遊霊、生霊と多岐に渡りますが、、

 

米国では、圧倒的に家にまつわる地縛霊です。。

 

まぁ、日本でも前に住んでいた人が自殺をして霊になりというのは、よくある話ですが、

 

米国では、少なくても数十年前に住んでいた人の霊や、かなり以前の先住民や悪魔信仰にまつわる場所が多いです。。

 

 

そして心霊体験をするのは日本では一個人が多いですが、米国では家族全員が体験し、、父親だけが終盤まで頑なに信じないというパターンが多いです。。。

さらに実際に霊が出た後の対処ですが、、、

日本では、家に霊が出た時は直ちに退散するケースが多いですが、、、

米国では、心霊研究家を呼んだりします。

この心霊研究家、デジタル機器を持ち込んで霊の周波数?などを計測したりします。。

この発想は日本にはないですね。。。

結局、心霊研究家が問題を解決することは無く、、最後に登場するのが除霊師なのですが、、、、

彼らは、必ず「悪魔よ、、、」とか「神よ、、」とか「正義は勝つ」と叫びます。。

これも日本には無い発想なのです。

日本の除霊は、救済する。。説き伏せる。。許しを請う。。などであり、霊的なものを悪とみる傾向はありません。

少なくとも、こちらが正義で霊的なものを悪とすることはあまりないです。。。

どちらかというと巨木や巨石が祀られているように、神に近いものと見ていると思います。

しかし、米国はキリスト教の影響なのか勧善懲悪、神VS悪魔の構図です。。

一つの神の名と共に戦う西洋的な思想、、多くの神と一緒に暮らしていく日本的な思想の違いなのかもしれません。。

最後に、、除霊が失敗した場合、、

日本なら、何があっても引っ越すのですが、、

米国の場合、「引っ越す金が足りないので恐々住んでます」みたいなケースも多いのが興味深いです。。。

 

サドル

駐輪所に自転車を置いていたらボロボロのサドルにすり替えられていました。

元々のサドルも、すり替え られたサドルも同じ色の茶色でした。。

もちろん ボロボロのサドルなんて雨の日には大変ですし、盗むという行為に腹も立ったのですが、、、

盗むだけでなく、別のものとすり替えるというリスクを負う行為に対して、、

「罪悪感からなのかな?」「通報されるリスクを抑えるためかな」などと興味深く思ってしまいました。。

まぁ、僕の自転車が新品の高級品だったならこんな悠長にしていないと思うのですが。。。。。

合図

何気なく、、テレビで相撲を見ていました。

まだ、お昼過ぎで幕下力士が出場している時間帯なので、観客席は人もまばらでした。

まばらなので、気づいたのですが、升席に綺麗な着物の女性が、綺麗な所作で座ってました。

醸し出す雰囲気から、「お茶屋さんか何かかな?凄いオーラが出ていますね。。まぁ、升席なので後でお連れが来るのでしょう」と思ってました。

数時間後、またテレビを見てみたら、先程の女性は一人でまだ座ってました。

次の日、夕方に、ふと相撲を見ていたら、、女性は、昨日とは違う柄の高級そうな着物を着て座ってました。。。

それから数日たって「さすがにもういないだろ」と思って、結びの一番を見ていたら、、満員御礼の混雑の中に、あの女性が座ってました。。

ふと何かで読んだ話を思い出しました。。。

刑務所では相撲中継は見れるそうです。

刑務所に入っている、それなりの立場の犯罪者やヤクザの近しい人達は、、、

刑務所にいる人に元気でいるのを表現する為や、、何某の合図を送るためにテレビ中継に映る席に座っているという話です。。。

ただの夢想かもしれませんが、そうだと思うと、その女性のことが凄く興味深くなってきました。。

目覚め

今から、かなり昔の話。。

小学生の頃、僕は黄桜のカッパの女性(カッパの奥さん)が出てくるCMを見ていると何とも言えない気分になりました。

たぶん性の目覚めというものだったのでしょう。。。

しかしながら、カッパが性の目覚めとは、、、

情けないというか、、変わっているというか、、やはり子供ですね。。

ひさかたぶりに、そのカッパを見てみようと黄桜のカッパの画像を探していたら

Img_13_m

普通にセクシーですね。。。

ここに乗せるのも憚られるくらいに。。。

ギャートルズのカアチャンでは目覚めなくて、ここで目覚めたのも納得です。

東京ドーム

よく大きさの喩として「東京ドーム何個分の広さ」という表現が使われます。

 

これは、、「ある有名人の家の敷地は、東京ドームと同じ広さがある」という表現なら、何となく広さが分かるのですが、、、

 

「フロリダのある農園は、東京ドーム200個分あります」みたいに、東京ドーム何個分という表現をされても、大きさが皆目分かりません。。

いったい何故、このような表現をするのでしょうか?

僕的には、「2km×2kmの正方形と同じ広さです」といった表現のほうが大きさをつかめるのですが。。。

他の人は、どう感じるかは分かりませんが。。。。

プロアクティブ

テレビで久しぶりにプロアクティブのCMを見ました。

 

相変わらず、本物の愛用者なのか、愛用者役の役者さんか分からない人が、体験談を語っていました。

 

今回見ていて少し気になったのですが、、

 

「お父さんが私のために買ってくれました!」

 

とか

 

「娘に買ってあげました!」

 

みたいな、親御さんに訴える、集中砲火のてんこ盛りでした。

 

それは効果的な戦略だとは思うのですが、、

 

あまりにも、「優しいお父さんなら買ってあげるのが当然」という押しに感じられて、少し鼻につきました。

ただ、売れると思いますね。。。

変わらないこと

今の韓流の男性アイドルグループって皆、男前ですね。。

 

今から思うと不思議なことですが、、

 

30年程前、僕が高校生だった頃の韓国の男性のアイドルグループは、、

 

何故だがメンバーの一人だけが、「太っちょでカッコ良くない人」が一人混じっているというグループが多かったと記憶してます。

 

これは、他のメンバーの男前を際立たせる為だったのでしょうか?

 

黄レンジャーのように癒しが目的だったのでしょうか?

何某の意図があったのでしょうね。。

先日、韓国の「三食ごはん」という番組を観たのですが、これは韓国の俳優やモデルさん達が、農村などで自給自足をする番組なのですが、、

やはり出演者は皆、男前ですね。。。

、、、と思いきや、一人不細工な俳優さんが混じってました。

どうやら伝統は息づいているようですね。。。

 

誕生会

上本町の近鉄に行った帰り道、

お隣のシェラトンミヤコホテルに行きました。

行ったと言っても、ロビーのソファーで一休みしてから、ホテル内を少々探索をしただけなのですが。。

ホテルでの本日の催しを見ていたら

流石は、有名ホテルだけあって、催される、学会、パーティーなども、賢げなものやら、リッチっぽいものが多いですね。

その中に「○○ちゃん誕生日パーティー」というのもがありました。。

まぁ、、

ホテルで子供の誕生パーティーなんて、別に珍しいものではないのかもしれません。。

ただ、、何故だか分かりませんが、無性に見学したい衝動に駆られました。。。

本当に、テレビドラマでやっているような感じなのかしらん。。

フレッシュレバー

僕は、牛の生レバが大好物だったのですが、、、

今は、生食用の牛のレバーを販売することは禁止されています。

以前は、焼肉屋に行くと必ず生レバを注文していました。。

しかし、、生レバが食べれない今となっては、殆ど焼き肉屋に行くことも無くなりました。

それぐらい生レバが大好きでした。。

店で食べるだけでなく、美味しいと有名なお肉屋さんで生レバを買ってきて食べたりもしていました。

しかし、法律で禁止されてからは、このお肉屋さんにも行かなくなってしまいました。

先日、、

久しぶりに、そのお肉屋さんに行ったのですが、、

当然の如く「生食用」と表記されたレバーは売ってません。

ただ、、焼き用レバーとは別に、、以前は「生食用」と表記されて販売されていたものと全く同じ商品が、、

「フレッシュレバー」と名前だけが変えられて売られてました。。

むろん生食用とは表記できませんが、以前は、生食用として売っていた商品を販売する。

それを「購入者がどのように食べようかは知りませんが、、、」と言う訳ですか。。。

これは、素敵な抜け道かもしれませんね。

まぁ、僕は、、ビビりですから買いませんでしたけど。。。

すり替え

関西のどこかの村で、村の活性化は子供達からということで、

村長が地元の中学生たちに、、、

「村に何があったら嬉しい?」という趣旨のことを聞いたなら、

中学生たちは、「コンビニが欲しい」と答えました。。

村長は、コンビニを誘致しようとしたのですが、、、

残念ながら、村の規模からすると収益が見込めないために、全てのコンビニから拒否をされたそうです。。

仕方ないので、村長は、、

弁当屋を作ったそうです。。

この弁当屋、、村の主婦には大人気らしいです。。

村長は、、コンビニでなく弁当屋にしたことに大満足だと言ってました。。

作業をしながらこのニュースを聞いていのですが、、

なんだか最初の意図と違うような、、、、

喜ぶことは良いことですが、少なくとも中学生たちは喜んでないでしょうね。。。

より以前の記事一覧