ツイッター

ホームページ

  • ヒーリングプラザ大阪気功院
    ヒーリングプラザ大阪気功院
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

エックハルト・トールの自伝

エックハルト・トールの自伝です。。。

全部見ると少し長いですので、週末にでも見てみるのが良いかもしれません。。。

努力とひらめき

前回、、、

エジソンとニコラ・テスラの確執について書きましたが、、、

2人の確執はまだ続きます。。。。

1915年。。

エジソンとニコラ・テスラはノーベル物理学賞にノミネートされますが、

両方とも受賞はしませんでした。。。

理由は、、、

お互いが同時受賞を嫌ったからと言われています。。。

1917年。。

ニコラ・テスラは、エジソン勲章の受賞対象になりますが、、、

ちょっぴり皮肉を言って断ってしまいました。。。。

そして、ニコラ・テスラは、、、

エジソンの名言「天才は1%のひらめきと99%の汗(努力)」に対して、、

「天才とは、99%の努力を無にする、1%のひらめきのことである」という言葉を残しています。。。。

こう書くと、、テスラは努力を否定しているようですが、、、

テスラがエジソンの工場に勤めていた頃には、、、

毎朝10時半から翌朝5時まで研究改良・製作に打ち込み続けていて、、、

エジソンから、、、

「貴様にはかなわない」と言われるほどの努力家だったそうです。。。

そして面白いことに、、、

後年エジソンが語ったところによると、、、

エジソンの名言「天才は1%のひらめきと99%の汗(努力)」は、、、、

取材した記者がエジソンの発言を努力賛美の発言のように勝手に書き換えたものであり、、、

実際は、テスラが言ったことと似通った意味である、、

「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」という言葉を言っていたそうです。。。

これって面白いですね。。。

お互いに反発しあっている2人ですが、、、

お互いに同じことを言っています。。。

そして、、、

お互いが1%のひらめきを重要視している努力家です。。。

僕らは、、、、

99%の努力が大事だって教えられてきたから、、、

99対1の割合で努力ほうに価値があると思っていたけれども、、、

本当は、、

エジソンとニコラ・テスラは、、、

99対1というのは、単なる必要とする時間の差であって、、、

努力とひらめきの価値は、、、、

1対1の当価値だということを教えてくれていたんですね。。。

ワイルド・ギース

一昨日の晩に、本を読みました。。。

傭兵部隊「ワイルド・ギース」の隊長である、マイク・ホアーさんのことが書いてある本です。。。

この傭兵部隊「ワイルド・ギース」、、、

リチャード・バートンが、マイク・ホアーをモデルにした人物を演じて、、、「ワイルド・ギース」という、そのまんまなタイトルで映画化されたぐらいに有名なのですが、、、

さすがに多くの功績を残した傭兵部隊の隊長であるマイク・ホアーさんだけあって、、

映画には、描かれていなかった厳しい面もあったそうです。。。

どういう逸話があるかというと、、、

兵隊を面接した時に、、、

「戦場で動けなくなった人間は、足手まといになるので、その場で射殺する」と言ったそうです。。。

メンバーに加わった兵隊達は、、、

「どうせブラフ(はったり)だろう」と笑いあっていたそうですが、、、

ある戦闘で、隊員が足や腕や頭を撃たれて負傷した時、、、

片腕を撃たれた隊員(銃を持ち歩ける)を除き、全員を射殺しました。。。

このとき初めて隊員達は、、、

「マイクに冗談はない」と、、あらためてマイク・ホアーのお人柄を知ったそうです。。。

僕が、このマイク・ホアーが凄いと思うのは、、、

戦場で動けなくなった兵士は射殺するという規則を自分にも適用していたことです。

彼は、自分の部下に、

「俺が動けない状態なら迷わず殺すように」と命じていたそうです。。。

他人に対して、ラディカルな対応をする人間は、そう珍しくないですが、、、

自分に対しても、それを行う人間は殆どいないと思います。。。

部下から「能率の権化」と揶揄されるぐらいに、、、

効率と能率から外れたら、自分も容赦はしないということですね。。。

そんなマイクさんが隊長です。。

ある過酷なミッションで兵士は、疲労と負傷で疲れ果て、、、

休憩時に「もっと休憩をくれないと一歩も動かない」と言い張ったそうですが、、、

休憩後に部隊が動いていない理由を軍曹から聞いたマイク・ホアーが、休憩所に行って、、、

「10分後に出発する。。それまでに準備が出来てない奴は射殺する」と静かに言うと、、、

5分後には、全員の準備が出来ていたそうです(笑)

中途半端ない人間ほど恐ろしいものはないですね。

EPOとスピリチュアル

最近、ちらほらとEPOがスピリチュアルってるという話題をよく聞きます。。。

EPOといえば、、、

「音楽のような風」、「う、ふ、ふ、ふ、」、「太陽にPUMP!PUMP!」などの代表曲がある、、

僕ら世代のポップの代表格であります。。。

そのEPOさんがスピリチュアルって、、、、

ということで調べてみました。。。

EPOさんのブログを読んでみましたが、、

なんか、スピな感じです。。。。

彼女自身は、、、

全米催眠療法協会認定セラピストとしても現在活躍中で、、

カウンセリングスタジオ「MUSIC&DRAMA」と両立して、胎教ライブや高齢者対象ライブ、親子で聴けるライブなどユニークな活動を展開して、、、、

障害者、老人、子供向けのワークショップやカウンセリングなども行っているらしいです。。。

最近の曲も聴いてみたのですが、、、

なんかスピリチュアルな感じでした。。。。

EPOさん自身、、、

POPなEPOとスピリチュアルなEPO。本人は二人の間に随分葛藤があるようですが、、

最近は随分自分の中で折り合いが付けられるようになってきたそうで、過去の曲を中心としたライブもできるようになったそうです。

今日は、そんなEPOさんの一曲です。。。

EPO「百年の孤独」、、、、スピな感じですね。。

マイク・タイソン

マイク・タイソンがパパラッチを殴って、、また逮捕されちゃいましたね。。。

今日は、タイソン語録を載せてみました。。。

これを見たそれぞれの人が、それぞれのことを感じると思います。。。

あなたはどう感じるでしょうか?

注)ここで書かれているカスというのはタイソンのトレーナーのカス・ダマトのことです。

  • 「俺は何も持たずに生まれてきた。そして、何も持たずに死ぬだろう。」
  • 「悲劇を見たけりゃまずヒーローを舞台に上げろってな。皆、悲劇が大好きなんだよ。嫉妬のせいでね。幸せな人生を歩んでいる人間を見ると、そこに悲劇を起こしたくなる。あんたらみたいなレポーターが、まずそうじゃないか。」
  • 「俺は史上最高のボクサーだ。俺はボクシングを変えた男なんだぜ!?(どういう風に変えたのか?という問いに)原始の形に戻したのさ。殺るか殺られるか・・。皆、本当はそういうファイトが見たいんだよ。だから俺は金を稼げた。人が俺を恐れるのは、俺が奴等の隠している真実を暴いちまうからだ。偽善者どもめ!」
  • 「俺はボクシングを原始的なものに戻したんだ。殺るか、殺られるかのな。それこそ皆が見たがってたもんじゃないのかい?カスはよく言ってたよ。世の中は、悪い奴を見たがっているってな」
  • 「俺はペシミスト(悲観論者)じゃない。オプティミスト(楽観論者)さ。でもペシミズム(悲観)ってものを知ってるオプティミストだ」
  • 「俺はハードに遊び、ハードに働き、そしてハードに死ぬのさ。」
  • 「みんな、マイク・タイソンのことなんてどうだっていいのさ。それが現実だよ。俺のことなんて、レイプくらいしそうな奴じゃないか、って思ってるんだ。」
  • 「みんなは俺を哀れな奴と言うけれど、そいつは侮辱だぜ。俺は同情なんか軽蔑する。」
  • 「俺の人生なんて全くの無駄さ。これまで30年を生きてきて幸せだったことなんか一度も無かった」
  • 「(刑務所では)誰が一番強いのか確かめたがる奴が多いんだ。でも、ああいうところに居る時の俺は無敵だよ」
  • 「カス・ダマトとマイク・タイソンという人間の間には一種の魔法が生まれてたんだと思う」
  • 「カス・ダマトはオレにとってオヤジ以上の存在だった。誰でもオヤジになることはできるが、しかし、それは血がつながっているというだけの話だろう。カスはオレのバックボーンであり、初めて出会った心の許せる人間だった」
  • 「(君がどこに行こうと何をしようと人は見ているし追いかける。これほどの有名人というのも大変なんじゃないか?という問いに) 俺には本当のマイクが分かってる。俺はただの人間さ。ここに存在しているだけだ。何が起ころうとパンチで道を切り開いていく。それだけさ」
  • 「(いつも見られてる、詮索されてるっていうのは辛いかい?という問いに) あんた達のせいでそうなったんだ。良い事だろうと悪い事だろうと、あんた達がそれを引き起こす。俺について悪い事を書くだろう。そうすると誰か俺に同情する奴が出てくる。良い事を書くと妬む奴が出てくる。あんた達が何をしようと必ずバランスは取れるってわけだ。それを不当だと思う人間もいるし、正当だと思う人間もいる。俺が刑務所に入ってたこと、それを正義だと信じる人間もいるし、不法だと信じる人間もいる、生きのびてる。機能している。大事なのはそれだけさ」
  • 「俺はシンドラーのリストを見た。奴ら(ナチス)がユダヤ人に何をしたか。今まさにボスニアでやってることさ。特に理解があったわけじゃないが、連中がボスニアで住民をバスやトラックに乗せているのを見たとき、俺は考え始めた。『シンドラーのリスト』じゃないか。こいつらはヒトラーがしたのと同じ事をやってる。それを気にする人間なんかほとんどいやしない。気にする人間には、なにもできる力はないんだ」
  • 「(どうしてボクシングをやりたいんだ?きつい仕事じゃないか・・。という問いに) きつくない仕事なんてあるかい?あんた達だって記事が書けなきゃ笑い者になる。世間は厳しいものさ。しかも冷たいときてる」
  • 「(モハメド・アリが長いブランクの後カムバックしたのと、君のカムバックとの間に共通点はあるかい?という問いに) いや、ひとつもない。俺は刑期を務めていた。アリは服役してたわけじゃない。外にいて、自分の人生を生きていた。俺のほうが良かったかもしれない。あるいは悪かったかも。分からないな。外の世界でボクシングのすぐ近くにいながら、それに手を触れることのできない。そのほうが欲求不満の度合いは強いかもしれない。そのほうが辛いかもしれない。俺よりアリのほうが辛かったかもしれない。俺は全てから切り離されていた。俺にとって、服役中ボクシングが現実であったことは一度もなかった。アリにとっては、ボクシングはそこにあった。俺はリングがどこにもない世界にいた。アリはリングが目の前にあるのに、リングには上がれない世界にいたんだ」
  • 「オレは勝ってただカスが喜ぶ姿を見たかっただけさ。それだけで満足だった。少なくともオレは世界一チャーミングな男になろうとも、ミスター・ブラック・アメリカになろうとも思っていない。勝てばすべてが解決するとカスに教わっただけなのさ」
  • 「今は階級も多すぎるし、タイトルも多すぎるんだ。だからこそボクシングはでけぇビジネスになったんだが、そのせいでどのボクサーも小さくまとまるようになっちまった。チャンピオンになるのに昔ほどハードな練習する必要が無くなったからな。階級制も全然好きじゃねぇ。誰がチャンピオンか分かんねえじゃねぇか。昔、階級が7つしかなかった頃は、ボクシングのファンじゃなくても誰がチャンピオンかってことはちゃんと知ってた。ところが今じゃチャンピオンは16人も20人もいる。アホみてぇだよ。」
  • 「今じゃ、時間が経てば経つほど、ボクシングそのものがどんどん落ち目になってきてる。俺達だってこのままじゃ潰されちまうから、何とかしなきゃなんねぇとは思ってるさ。でも俺達ボクサーを救うのはアメリカ医療協会なんかじゃねぇんだ。健康管理なんて、てめえで十分やれる。とにかくこの業界の奴らはあまりにも貪欲で自分達でボクシングそのものを食いつぶしちまうんだ。ボクシング界なんてがめついクソ野郎ばっかだぜ。」
  • 「(政治には興味を持ってますか?という問いに)黒人だったらどんな奴でも大なり小なり政治に関わってるさ。この国を牛耳ってる奴らは、俺達にやりたい放題じゃないか。奴等には、どこまでいじめれば俺達が暴れだすかよく分かってる。どうして黒人が殺し合いをするか知ってるか?あんたらがしたことに対して怒ってるからさ。思うに福祉ってのは最悪だな。クラックより酷い中毒になっちまう。頼っちまうんだ。ただで何かを貰うのがどれだけ楽か、分かるか?何もせずにただベッドに寝て、色んな男とヤりまくって、子供をゴロゴロ作ってればそれだけで福祉の金が入ってくるんだ。そんなことをしてれば、すぐにモラルも倫理も仕事に対する価値観もなくしちまう。福祉ってのはそういうもんだよ。」
  • 「(レイプされたと訴えたワシントン嬢に対して)あの女がホテルまで来て自分からパンツを脱いだんだ。ファック準備完了、ってやつさ。だから俺はファックした。体の隅々まで舐めてやった。アソコもケツも舐めてやった。なのに、俺はあいつのケツをヤッた(レイプした)という事になってる。どうせ最初っから全部計画してたんだろうよ。今じゃ俺は最低のゲス野郎さ。もう慣れちまったがな。」
  • 「(出所後、ライセンス発給に関し女性団体の抗議を受けて)あいつらのことなんてどうだっていい。俺があいつらに何をしたっていうんだ?金でもやっとけば、“ライセンスはあげるべきです。あの人はとってもいい人よ!”なんて言い出すに決まってる。ウーマンリブの話なんて持ち出さないでくれ。女で嫌な目にあった男がこれだけいるってのに、あいつらは男はみんな豚だなんて言ってパレードしてるんだからな。ファックユー!ただ俺は、あいつらだって実際に会ったら嫌うかもしれない女とトラブルになっただけなんだぜ?俺がファックユー!って言ってたってあいつらに伝えておいてくれ。」
  • 「(同じく出所後、女性団体からの抗議を受けて)あいつらは、何で俺のアラ捜しをしたがるんだ?俺はスラムから出てきたボクサーで、これまでの人生で二つ、三つ間違いもした。刑務所に入って刑期も努めた。無実の罪で不当な刑期を努めた。その後、連中は何か喧嘩をしたのか?黒人女性に暴力を振るうなだって?黒人女性のことなんか誰も気にしちゃいないさ。それが俺を撃つチャンスにでもならない限りはね。俺を卑劣な悪魔にでっちあげたいのか?どうか俺から離れててくれ。」
  • 「(どうして耳を噛んだりしたのですか?という問いに)ホリフィールドとは二度目の対戦だった。俺は何より頭にきてた。奴をメチャクチャにしてやりたいと思った。それでキレちまったんだ。(何に怒ってたんですか?という問いに)俺の人生のこと。(ホリフィールドとの)最初の対戦のこと。俺を悪く言った奴等のこと。そういうことを考えたら腹が立って仕方がなかった。例えば最初の対戦の時、ホリフィールドは最初の2ラウンド、わざとバッティングをしてきた。こっちが気を失いかけたほどだったんだぜ?それを二度目も同じようにやられたんだ。またかと思ってプツンときちまった。ジョージ・フォアマンは、ホリフィールドはこれまで見たなかで一番ダーティーなファイターだ、って言ってたんだぜ。最初の対戦のときなんて、あのおかげで、すっかり感覚が麻痺しちまって、パンチを貰ってるのも分からなくなってたほどだった。ああ、あのバッティングはわざとだったよ。絶対にな。」
  • 「(つまり、復讐するために噛み付いた、ってことですか?という問いに)殺してやりたかったんだよ。噛み付いてやりたかった。頭にきまくってたのさ。(試合後はどう思いましたか?という問いに)どうしようもなくなっちまった。あんなことをやっちまった自分が腹立たしかったよ。それ以前は、怒りを感じながら試合に臨んだことなんてなかった。一度もな。そうは見えなかったかもしれないが、あの試合まで俺は絶対に怒りを引きずったままリングに立ったことなんてなかったんだ。だから、あんな事をやった自分が恥ずかしかった。ショックだったし怖かった。あんな事になるなら、(普通に戦って)負けたほうが良かったさ。」
  • 「(二度のホリフィールド戦はあなたの経歴にどんな影響を与えたんでしょう?という問いに)あんまりいい影響じゃないよな。俺には敵が多すぎる。そういう奴等が全てをコントロールしてるんだからな。奴等は俺の評判をできるだけ下げようとしてるのさ。クソッタレどものことなんて、もうどうでもいい。俺は名誉の殿堂入りするチャンスを自分でダメにしちまった。そういう男になることを、あれだけ夢見てたっていうのにな。だから、もうどうでもいいんだ。評論家どもは、ホリフィールド戦のことを持ち出して俺を否定するだろう。でも、アリだって負けたことはあるんだぜ?もう本当にどうでもいいよ。俺の人生なんて、もう終わりさ。あとはただ生きていくだけだよ。(終わり?)もちろん、カネは稼げるだろうさ。タイトルだって獲れるかもしれない。だが、俺の社会的地位ってやつは? ゼロさ。」
  • 「(出所後3戦目にして世界タイトル一冠をまず奪取、そして4戦目でブルース・セルドンを倒し二冠を達成した直後、リング上のインタビューで) ああ・・カス・ダマト。あんたはツー・ダウンをとったぞ。あとワン・ダウンで俺達の勝ちだ。あんたは遠い遠いところで寂しがってるんだろうな。もう少し待っててくれ。俺が肩の荷を下ろしてやるぞ!」
  • 「俺は1000人の女も、高価なシャンパンも、超高級なホテルも、舌がトロけるような食事も味わってきた。酒池肉林の顛末がココ(刑務所)に入れられてるってわけだ。」
  • 「裏切りから身を守るには、全ての決定を自分自身で下すことだ。たとえ、それが間違っていたにしろ・・。」
  • 「ステレオタイプってやつさ。良いことでも悪いことでも一旦(記事に)書かれたら、それがたとえどんな嘘であろうと読んだ人にしてみれば大概真実ってことになっちまう。それが真実から3歩遠ざかった嘘だとしてもだ。人間っていうのは世の中の早い流れに対応するために、物事を手軽なステレオタイプで理解したがるもんなんだ。で、書かれたことを信じている奴に3歩戻して真実を伝えようとしてもそいつは本当に難しいことだ。」
  • 「また将来、どこかの誰かが俺を嵌めるだろうよ。きっとそうなる。そして、みんな“いかにもあいつのやりそうなことじゃないか。きっとやったんだぜ”なんて言うに決まってる。」
  • 「ウエイトトレーニングなんてチーズケーキを殴ってトレーニングする様なものさ」
  • 「(ファイターをファイターたらしめているものは何か?という問いに)痛みを受け入れる術(すべ)を身に付けることだ。」
  • 「相手が傷付いたと見たら、すぐ倒しに行く。打って倒す。これが俺のMOさ。(ラテン語のModus Operandiの略。スラング化して「これしかない俺の生き方」)」
  • 「俺はマイク・タイソンが好きじゃない。嫌いなんだ。もし、もう一度生まれてくることが出来たら、今よりはマシな人生を送れることだろうよ。」
  • 「カスが最も熱心に教えてくれたのは、ボクシングの技術それ以上に心の問題だった。リングに上がるとき、ボクサーは誰でも恐怖で凍り付いてしまう。その恐怖をどう克服するか。修練しかない。人は熱心に励むことによって、恐怖を友人にすることが出来る。どんなに強かろうが、修練したことのない奴はクズみたいなものだ。いかに恐ろしい相手の前でも勇気を失われずにいられるのは修練の力だ。恐怖(フィア)は火(ファイア)と同じ。人々を焼き尽くして駄目にすることもあるし、素晴らしい事を成し遂げるエネルギーにもなる。人間にとって何が一番大切か。力ではない。姿でもない。決心と人格。これだよ・・。カスは毎晩、毎晩、そんな話をしてくれた。俺にとって、なんと新鮮な経験だったことか・・。」
  • 「なぜ日本人は俺をアメリカンドリームだなんて言うんだよ!(インタビュアーの返答を遮り)違う!何も分かっちゃいない。俺はアメリカの悪夢なんだ!」